社会復帰に向けての足掛かり

大学在学中に会社から内定をもらえず、大学卒業後そのまま無職になってしまう人がいます。また、今の仕事に不満を持ち退職してしまう人や会社でのリストラに遭ってしまう人など、無職となってしまう要因は数多くあるのです。
職を失ってしまった場合、そこから脱出するために最も重要なことは何なのでしょうか。それは、希望を持つことです。言葉では簡単にいえますが、実際職を失った状況になってしまうと、希望を持つのはなかなか難しくなります。ここでいう希望とは、自分自身の将来のビジョンを考えて叶えるための希望です。希望を持てば、それに即した目標が持てます。目標を持つことができれば、目標達成のため具体的な行動を考えることができます。そして一歩を踏み出すことができるのです。では、どうすれば希望を持つことができるのでしょうか。
希望を持つには、自信をつけることです。何でもいいので、自信を持てる行動を起こすことが大切となります。しかし、大それたことを行う必要はありません。自分の鬱々とした考えを変えることがポイントです。身近なことでは、体力トレーニングをおすすめします。心と身体は繋がっているので、体力トレーニングでストレスを発散できます。そして、身体を鍛えることで心も鍛えることができるのです。その他、登山もいいでしょう。自然の中で心を落ち着けて、登りきることで自信がつきます。大きな自然に触れることで、人間の小ささや人生観を考えさせられることでしょう。自分に自信をつけることさえできれば、これからの展望が見えてきて、今いる状況から一歩踏み出すことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です